メニュー

壁や天井の小さなシミを放置すると大変なことに・・・ | 大阪府堺市で住まいのリフォーム・耐震リフォーム|株式会社SAMです。

〒587-0062 大阪府堺市美原区太井342-1

営業時間/ 8:30~19:30 [ 日曜定休 ]

リフォーム工事には検査がありません。だからこそ、ていねいに相談できる会社を選んでください。

壁や天井の小さなシミを放置すると大変なことに・・・

「和室の土壁にこぶし大の丸いシミが
2つできてるのですが
ついでの時に一度見にきてもらえ
ないでしょうか?」

お得意様からお電話が入りました

 

室内に小さなシミがつく現象は
何らかのサインです

放置しておくと
とんでもないことが起こる可能性が
ありますので注意が必要です

私が過去に経験した壁や天井に
シミが出来る現象は下記のとおりです

①雨漏れによるシミ
②室内の結露で壁にシミ
③壁内部の結露で壁にシミ
④排水の漏れによるシミ
⑤鳥獣が原因のシミ

等です

木造の建物の場合、
木や石膏ボード、土壁などで
出来ているので、それらは
ある程度水分を吸ってくれる
性質を持っております

したがって、少々の水分では、
表に出てくることはないので
かなりの量の水分がそこに集中した場合に
表にシミとなって現れます

だから、シミが出来るということは
何らかの異常が出ていると
思って間違いないので
放置すると原因によっては
ひどいことになる可能性があります

天井のシミで驚いたのが
イタチが天井で死んでいたときです
なかなかの気持ち悪さでした

そのほか
ネズミ、猫、へび、コウモリ、小鳥
等も仲間から聞いたことがあります
イタチが時々屋根裏に来る家では
尿のシミで気付くこともあります

新しい洋風のお住まいは
イタチが入ってくるような
隙間はほとんどないのですが、
和風のお住まいか、30年以上前に
建築されたお住まいには鳥獣が
入る隙間が普通にあります

2階の和室の土壁にシミが出来る現象
原因が見当たらなくて
様子を見ていただくことになりました

しかし、数か月後だったと思うのですが
再度電話があって、再訪問すると
シミがお部屋全体の壁に出てきており
畳も陥没するという状況でした

状況からするとお部屋全体ですので
室内の湿気がこもり結露して
壁に付着してこのようになったことが
考えられました

2階の使用状況を確認すると
ほとんど使用しなくて、窓は締めぱなし
だったらしく、久々に2階に上がったときに
気が付いたということです

使用状況を確認してほぼ間違いない
ことを確信したので
窓はできるだけ毎日開け閉めして
換気を行うことをお勧めしました

1か月後確認すると、シミが減って
その後増えることもなかったので
解決となりました

結露でも厄介なのが壁内の結露です

これは比較的新しい家やリフォーム
したお住まいに多くあらわれる現象です

サイディングの外壁
(タイル等の形を模倣したパネル)
が現在ほとんどの住宅の一般的な外壁の
仕様ですが、
この外壁は必ず壁内の湿気を逃がす
工法を取らなければなりません

さらに、高気密住宅の場合は
室内の湿気が壁内に入らないように
処置をしなければなりません

これらを行っていないと
室内に湿気がある場合
壁内に水分が溜まりやすくなり
壁にシミが現れることがあります

壁内結露の原因探求は壁を
解体しなければ判明しないことが多く
ひどくなってからしか
わからないことが多いので
厄介な要因です

次は排水の漏れによる小さなシミですが
排水管が破れたり等で完全に漏れる場合は
小さなシミではなく、1階の天井から
水滴が垂れるぐらい水が漏れます

しかし、小さなシミが出来る程度の場合
通常の使用状況の時は漏れなくて
まれに起こる使用状況の時に漏れ
小さなシミとなります

私が経験したものの中で珍しかったのが
エアコンの配管を天井裏を通していて
その配管の断熱材が取れていて
湿気が多い日でエアコンを使った
時だけ配管が結露して水滴がシミと
なって現れたというのがありました

2階の洗面所でたくさんの水を流した時のみ
洗面台の排水管と建物の排水管との接続部
から水が漏れて1階の天井に小さなシミを
作るというのもありました

最後に雨漏れによる小さなシミです
通常の雨漏れは天井や壁が濡れて
気付きます

しかし、まれではありますが
壁の中は約10cmの空洞部分があり
その中を伝って床下まで流れてしまい
気が付かないことがあります

一度雨水の通り道が出来ると
同じ場所を通るので何度雨が降っても
あまり表には出てこないのです

又、浴室の上で雨漏れしている場合
浴室は普段から濡れているので
雨水で濡れていても
気付きにくいことがあります

この例のように気付かないのは
不快な思いをしなくていいのですが
その間壁の中を雨水が通り抜けており
床下が湿っている状態が
何年も続くことになります

こうなると、気付いたころには
お住まいの大切な骨組みである
土台や柱が腐朽してしまっていて
極端な場合は白アリがわいて
お住まいが傾く場合もありますので
見えない雨漏れは非常に危険です

さて、今回の壁にできた小さなシミですが
上記の例のように壁の中を通って
床下まで行っていたら危険なので
床下を点検しようと点検口を
探すために畳を順番にめくりました

4枚目をめくったとき、
ちょうどシミが出来た壁の
真下の畳ですが
裏の一部が真っ黒で
床板も一部真っ黒でした

壁の中を伝って畳の下にまで
雨水が行っていたのです

雨漏れの箇所を探すと
真っ黒の畳の箇所の真上はベランダで
ベランダの排水口の配管がボロボロに
なっておりました

ベランダには屋根があるのですが
その屋根の雨樋の水をベランダの
排水溝に雨樋で流しておりました

したがって少々の雨でもベランダの
床は雨水のさらされることになります
この樋を取り急ぎ外側に流す
ようにしまして
雨水がベランダの床に
流れないようにしました

あとは、ベランダの防水工事をして
排水口に改修ドレンという部材を
取り付ければ解決すると思われます

このように小さなシミという現象でも
放置すると大変なことになりかねないので

「お住まいの壁床天井などに小さなシミが
発生したときは調査をする方がいい」

という貴重なご依頼レポートでした

お問い合わせ・ご相談は株式会社SAMへ
無料相談、お見積もりお問合せはこちらから
資料請求
リフォーム会社 株式会社SAM 7つの特徴