メニュー

浴室・脱衣室・トイレリフォーム工事 松原市U様邸 | 大阪府堺市で住まいのリフォーム・耐震リフォーム|株式会社SAMです。

〒587-0062 大阪府堺市美原区太井342-1

営業時間/ 8:30~19:30 [ 日曜定休 ]

リフォーム工事には検査がありません。だからこそ、ていねいに相談できる会社を選んでください。

浴室・脱衣室・トイレリフォーム工事 松原市U様邸

工事前のお風呂・トイレ・脱衣室です

お風呂・脱衣室・トイレ解体前

本日は解体工事です
タイルのお風呂の解体がメインとなります

お風呂解体前

まずは、蛇口と電気を取って
タイルを壊していきます

お風呂タイル撤去状態

タイルが壊れたら、
不要な木部を解体していきます

トイレと脱衣室の不要な壁も
壊していきます

タイル下地のバラ板(横桟板)を解体すると・・・
土台が腐ってます

予想通り、土台が腐っていましたが

柱が結構上の方まで蟻害にあってました

柱が蟻にくわれています

根本は完全にやられています

柱の根本は根本は完全になくなってます

こうなれば、土台を撤去して、
新たに入れ直し
柱は横にもう一本建てて補強します

それには給湯配管が邪魔です
邪魔な給湯配管

外壁側に抜いて配管のやり直しです

給湯配管一時取り外し

次にユニットバスの土台になる基礎のコンクリートの
土留めのブロック兼間の壁の基礎を作ります
重要な基礎ではないのでコンクリートブロック基礎です

沈まないように一応下地に割栗を入れます
基礎の下地バラス

そして、既存の基礎とアンカーで緊結します

既存基礎とアンカーで緊結

横筋、縦筋も入れてブロック基礎を造りました

ブロック基礎完成

本日から大工工事です

主にお風呂廻りで腐っていた柱や土台の補強です

土台を補強、あるいは接ぎ木して、柱も接ぎ木と補強添え柱を
ボルトで固定します

天井裏まで蟻が食っていた柱は
真横にもう一本柱を新設

そして、浴室リフォームのついでに
事前に耐震検査をしていて、
部分補強しても問題ないか確認していたので
お風呂を解体した時しかできない
部分の耐震補強もしました

左が準耐力壁になります

そして、腐っていた柱の補強で
さらにもう一本柱を入れておきます

現在荷重はかからないが念のためです

最後に白アリ防止の薬品を柱の1mの高さまで
塗って完了です

 

 

本日は水道、電気の配線配管の仕込と
ユニットバスの基礎工事、
窓廻りの左官工事です

ユニットバスの配管仕込工事

お水、お湯、排水、追い炊き配管を
ユニットバスから外へ振り出します

トイレの配管仕込工事

トイレの排水管の位置を変更
土を掘り下げて立ち上げ位置を
替えます

その間に
外では窓周りの左官工事

窓周りの左官補修

そして最後にユニットバスの基礎を
打ちました

ユニットバスの基礎工事

つついてはユニットバスの設置

タカラスタンダードのユニットバスなので
メーカーさんの責任施工になります

脱衣室側の壁が無いので工事はしやすいと
思いましたが
案の定、お昼ぐらいにはほぼ組みあがっておりました

さすがメーカーさんです


完成しましたが
工事が終わるまで養生があるので
仕上がりが見えません
最後のお楽しみです

本日から、大工工事の脱衣室トイレの
仕上げに入りました

まずは柱に耐震金物を取り付けて
床から行います

床を部分的にしか解体していないので
全部入れられないが、
部分的にも床に断熱材を入れて
下地をつくります

そして間仕切りの下地を設置しました

次は、窓枠、ドア枠を取り付けます


そして、石膏ボードを張れば
大工工事の完了です

簡単に書きましたが
トイレのタンクやペーパーホルダーの
取り付け部には補強材を内部に仕込みました

また、既存の柱が少し傾いていたので
パッキンを入れたり、
目立たないように工夫したりして
少し手間がかかりました

大工工事をやっている間
外部では窓周りの塗装補修も
終わらせました

最終日はあわただしく職人が入れ代わります

午前中は、壁紙と床塩ビシート張りをやっている間
家の周りの掃除を行います

午後は電気工事と水道工事を交代で行い
最後に養生をめくり清掃を行います

5人の職人が入れ代わり立ち代わり
無事作業が完了しました


ユニットバス全体


天井部分


手摺付シャワー

脱衣室兼トイレ

トイレの窓

脱衣室兼トイレの入り口ドア

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ・ご相談は株式会社SAMへ
無料相談、お見積もりお問合せはこちらから
資料請求
リフォーム会社 株式会社SAM 7つの特徴
木耐協

公式Line登録はこちら