メニュー

庭 土間タイル張り・花壇レンガ積み工事 大阪狭山市植田様邸 | 大阪府堺市で住まいのリフォーム・耐震リフォーム|株式会社SAMです。

〒587-0062 大阪府堺市美原区太井342-1

営業時間/ 8:30~19:30 [ 日曜定休 ]

リフォーム工事には検査がありません。だからこそ、ていねいに相談できる会社を選んでください。

施工事例

庭 土間タイル張り・花壇レンガ積み工事 大阪狭山市植田様邸

工事概要

  • 話はお庭の中央にある植え込みの
    まわりを赤レンガで囲むところから
    はじまりました

    現在はコンクリートをくりぬいて土を
    入れたような状態で少し殺風景です

    というのも元々は御影石を庭の床
    全体に張るという計画を昔にしていたのですが
    事情があり工事がストップ!
    何年も下地コンクリートのまま放置
    された状態になっておりました

    そうすると排水口が床よりも高い
    位置にあるので雨が降ると庭は
    水溜まりになっていたらしいです

    娘さんの所に来た植木屋さんに
    レンガを積む相談をしていた
    タイミングで私もお部屋内の修理を
    しに来たので「庭の工事もできるの?」
    と聞かれてこれらの事情を知りました


    そして、以前計画していた石張りを
    見積もりしてほしいとのことでしたが
    石張りよりも安いものがありますが
    石張りでいいですか?

    と聞くと
    「とにかく安くてきれいになればいい」
    ということでしたので

    ①不整形の洋風石張り
    ②300角のタイル張り
    ③洗い出し(小粒の石のセメント埋め込み)

    を提案させてもらい
    一番低価格の
    300角のタイル張りにすることになりました

    ガレージの取り合い部分の
    縁石のブロックも張ることをご提案
    しようと思ったが、
    門扉の方まで続いており
    門扉の方とは色合いやイメージが異なるので
    縁石はご提案を中止した

    掃き出し窓からお部屋に入る
    踏み石がタイルと合わないので
    撤去すると費用が高くつくし、
    どうせ踏み台はひつようなのだから

    ブロックとモルタルで石を囲い
    広めの踏み台にしてタイル貼りを
    する計画としました

    植え込みの周りは楕円形だったが
    タイルが正方形なので
    楕円形にするとタイルの収まりが
    悪くなるので長方形に変更することに
    なりました

    それと、水栓柱にプラスチック製の
    排水パンがついていたのですが
    これを植え込みの周りと同じ
    レンガの排水パンにした

    工事前に以前に行った下地コンクリートの
    水平の度合いを見るとそのままタイルを張ると
    水溜まりが出来るので既存の排水口2箇所に
    プラスして1箇所目皿の排水口を造り

    表側は縁石を切って道路側に流れるように
    裏側は物置の下はタイルを張らない
    計画なので
    下に透水管を入れて排水管でつなげ
    合計6か所の排水系統で水を流す
    計画にした














Before
庭のタイル張り
庭の形状が長方形なので300角のタイルが
出来上がりを見て一番良かったと
おもいました

お施主様がご高齢なので
踏み台が大きいのも
良かったかもしれません
After
Before
下地コンクリートの塗りなおし
弊社は快適な出来上がりを目指す
計画で工事をすすめます

以前事情で工事中止になった
業者様はおそらく極力安く
作る考え方の業者様と
思えます

時々下地だけや仕上げだけの
工事のご依頼をされますが
このように考え方がことなると
失敗のもとです

今回前回の下地を信用して行うと
水溜まりができてお客様に
残念な思いをさせることになったと
思います

全部やらせてもらえる工事のみ
受ける方針でやってきたことに
今回間違いはないと確信しました
After
Before
大型の踏み台
既存の踏み石を残すと
タイルには違和感があります
しかし、この石を割って
取り出して、処分は費用が
高いので
囲って大きな踏み台をつくりました
After
Before
Now Printing
排水パンのレンガづくり
まわりがタイルで排水パンが
樹脂だとなんだか残念な気がします

レンガを使うことにより
味のあるかわいらしいものに
変わります
After

担当者の声

夏場の雑草の手入れ
庭をお持ちのお方の悩みの一つ
だと思います

今回の施工事例は解決策の
一つの例だと思います

植え込みは一部残して
コンクリートを打つだけは殺風景なので
自分の気に入ったタイルを
張ると一つの癒し空間が出来上がります

部分的にタイルの色を変えたり、
小さな植え込みを
2.3箇所作るのもアクセントが
ついていいかもしれません

私がお客様にご提案した、
正方形タイル、乱尺石目タイル、
小石を敷き詰めた洗い出し
これらを組合すことも
出来るのでバリエーションは
オリジナルで作ると
何通りもあるので
面白いと思います

2018年06月23日 | カテゴリー:
お問い合わせ・ご相談は株式会社SAMへ
無料相談、お見積もりお問合せはこちらから
資料請求
リフォーム会社 株式会社SAM 7つの特徴