メニュー

ベランダの壁の劣化は雨漏れ?それとも施工不良? | 大阪府堺市で住まいのリフォーム・耐震リフォーム|株式会社SAMです。

〒587-0062 大阪府堺市美原区太井342-1

営業時間/ 8:30~19:30 [ 日曜定休 ]

リフォーム工事には検査がありません。だからこそ、ていねいに相談できる会社を選んでください。

ベランダの壁の劣化は雨漏れ?それとも施工不良?

2階ベランダの壁の塗料だけが捲れたり、色あせたりあるいは崩れてきているのを時々見かけます
原因は、ベランダ手摺部分の雨漏れの場合が多い内部に水が入り水分が内側から外側に押してこのようになるのです

しかし、原因はこれだけではありません
壁内部の施工方法が間違っている場合が結構な割合であります
施工が原因で壁の内部で湿気がたまることがあるのです

この湿気の逃げ道を塞いでしまって壁内部で結露が起こり、
水分がまたって内部から外壁に向かって水分が出ようとして塗料をめくります
ひどい場合はサイディング材や下地材がボロボロになることもあります

ベランダ手摺の金属のカバーの下には、防水シートが敷かれるのですが
この防水シートを掛ける場所を間違えたり、湿気の逃げ道を確保されていなかったり
また、アルミのカバーの空気の通り道をコーキングで塞いでしまっていることもあります

これらは、雨漏れしないようにと念には念を押してやったことですがそれがあだになってしまったということです

モルタルを塗っていた時代とは工法が異なっており、昔の常識が現在では非常識になることもあります
建築の工法はどんどん変わってくるので常に勉強が必要です

日経ホームビルダー記事より

お問い合わせ・ご相談は株式会社SAMへ
無料相談、お見積もりお問合せはこちらから
資料請求
リフォーム会社 株式会社SAM 7つの特徴

公式Line登録はこちら