メニュー

劣化部の補修が見積に入っていないのは注意が必要! | 大阪府堺市で住まいのリフォーム・耐震リフォーム|株式会社SAMです。

〒587-0062 大阪府堺市美原区太井342-1

営業時間/ 8:30~19:30 [ 日曜定休 ]

リフォーム工事には検査がありません。だからこそ、ていねいに相談できる会社を選んでください。

劣化部の補修が見積に入っていないのは注意が必要!

リフォームで壁をむやみやたらに増やしたり
補強したりするのは
かえって弱い建物になるということを
前回お話ししました

新築で収納を増やしたりする
リフォーム等は別ですが

リフォームするお住まいは
ほとんどが建築されてから
10年以上が経過しており

”経年劣化しているお住まいがほとんど”

私はときどき、
他の業者さんの積算見積書を
見させていただいたり
見積りの内容をお聞きしたりします

その時によく目にするのが
経年劣化の補修を見積もりが入っていない
業者様が非常に多く見受けられます

つい先日も・・・

知人の家において
在来工法の浴室(タイル張りのお風呂)
からユニットバスにリフォーム
という案件がありまして

他の業者様の積算見積もりが
出ていましたので
信用できる業者かどうかを
確認するために
他社の見積もりの内容を
お聞きしたところ

劣化部の補修が
盛り込まれておりませんでしたし
説明もなかったようですので
その業者は除外するように
アドバイスいたしました


ユニットバスを何度も施工して
施工現場を何度も見ている業者なら
画像のように
解体したら10件中8、9件のお住まいは
柱や土台、大引き窓台などが
劣化しているのを知っていると思います

タイルは目地部分からじわじわとですが
水分がシミ出ていきます

それと、浴槽の下はすり鉢状になっていて
そのすり鉢の底から水が排水されるように
なっています

現在のように排水は密閉された
配管にはなっておりません


したがって、浴室廻りは常に
湿気が出ている状態ですので
浴室廻りの木部は
耐震検査で含水率を計測すると
水分を常に含んだ状態になっており
劣化が進んでいることが多い

劣化するのを前提に、浴室廻りに
重要な柱を設置していない設計の
お住まいもあるぐらいです

白アリ予防の職人も
浴室廻りは最も白アリが発生しやすい
箇所の一つと言っています

これらのことから、
本来のタイルのお風呂の工事の方法は
床から1mぐらいの高さまで基礎を高くして
床と壁のタイルの中に防水層をつくるのが
ベストな方法です

しかし、これを行うと工事費用と工事日数が
増加するのでハウスメーカーのお住まいや
地場の工務店が丁寧に作った
お住まいぐらいにしか
採用されていないのが実情です

ということは、
高級なハウスメーカーのお住まいや
自社が丁寧に建てたお住まいばかり
リフォームしている業者様は
浴室廻りの劣化の経験は少ないので
見積もりに計上しないかもしれませんね


それでは、
浴室のリフォームで劣化補修の見積もりを
盛り込んでいないとどうなるか?

浴室の工事は、
解体職人、大工、水道職人、電気職人
ユニットバス施工職人、内装仕上職人等が
入れ代わり立ち代わり短期にたくさんの職工が
施工するリフォームの一つです

だから、急に予定変更がしにくいので
初めから補修を
作業工程と予算組に入れておかないと

木部の劣化が見つかっても
割り込んで劣化部の補修作業を行うこと、
又、予算を割くことが難しい

その結果、
そのまま見て見ぬふりをして
壁を閉じてしまいユニットバスを
設置してしまうということになります

ユニットバス設置後は
排水管も密閉式になりますし
湿気も逃げないので劣化は進まないから問題ないと
思われるかもしれませんが
建物の劣化は耐震強度にもかかわってきます

劣化があると耐震診断上手物と強度は
その建物が持っている構造体力の
70%と診断されてしまいます

本来の建物の構造の強度から7割の強度しかない
という結果になります

したがって、リフォームで劣化対策をすることと
劣化補修することは非常に重要なことなのです


そのほかリフォームに
リフォームを盛り込んだ方がいい箇所の例として
システムキッチン
トイレ
外壁屋根の塗装や
屋根の葺き替え
防水工事
などと限りがありません

また、単純に

”劣化部補修”

と簡単に見積り計上されているだけでは
本当のところがわかりませんので

”どこを、どのように、どのタイミングで”

補修を行うかをきっちり確認し
もしも、解体の結果補修が全く
必要ない場合もあるので
その場合は、最終的に値引きしてもらう
ようにします

何度も申し上げますが、
劣化対策は建物の耐震強度上非常に重要です

新築はないものから新しいものを図面どおり、
建築基準法に沿った検査がありますので
ガイドラインがある程度きっちりしております

また、一般的な流通商品は情報が発達した今日では
比較検討が容易な工場生産の完成品で日本のメーカーの
物は間違いないものがほとんどです

片やリフォームは
”お住まいの一部分の
劣化した部分を改造”です

したがって、
仕上がりも、内容も、材料も一律ではないので、
金額も異なってきます
そして、
最適なリフォームをするには
経験と知識、想像力、綿密な現場調査が
必要ということになります

今日では大型量販店やリフォーム店が水周りのみのや
その他リフォームがたくさん行われております

非常に素晴らしい知識と経験で取り組んでいる
リフォーム店もあると仕入れ業者さんや
同業者から聞くこともあれば
反対もあるようです


いろいろな部分で法的な整備が
まだまだ必要だと私は個人的に思います

お問い合わせ・ご相談は株式会社SAMへ
無料相談、お見積もりお問合せはこちらから
資料請求
リフォーム会社 株式会社SAM 7つの特徴

公式Line登録はこちら