メニュー

お風呂が寒すぎます 対策は? | 大阪府堺市で住まいのリフォーム・耐震リフォーム|株式会社SAMです。

〒587-0062 大阪府堺市美原区太井342-1

営業時間/ 8:30~19:30 [ 日曜定休 ]

リフォーム工事には検査がありません。だからこそ、ていねいに相談できる会社を選んでください。

お風呂が寒すぎます 対策は?

施設の大きなお風呂が寒すぎて・・・

というご依頼


浴室を暖かくするには
浴槽に常時暖かいお湯を張って
水蒸気を充満さすと周りのタイルも温まり
タイルが温まるとなかなか冷めないので
相乗効果になります

しかし、施設の場合は
旅館やお風呂屋さんではないので
浴槽にずっとお湯をためておくわけには
行かないという使用状況です

そんな場合は

暖房器具を設置するのが
手っ取り早い!

と思われた方も多いと思いますが

調べたところ、浴室などの
高温多湿な部屋で使用できて
大きなお風呂ば全体を温められる
大きな暖房器具は
既製品ではないようです

脱衣室に設置したエアコンから
暖かい空気を送るダクトのみを
配管する方法もありますが

建物に制約があって
配管ダクトは難しいという現場です

大きな工事をせずに温めるには
電気式の暖房器具しか設置不可能
なのですが、それも全体を温めるには
5~6台設置が必要なようです

それらを加味して、
人のいるところに局部的に温める
電器式の暖房器具2台の設置

窓が大きいので
ここから熱が逃げないように
ガラスをいいものに変え

入浴前は脱衣室の暖房器具と
浴室の新設する暖房器具で温める
というのが現場の状況から
一番ローコストで短期工事で
すすめられる方法ではないかと
これらの方法で進めることにしました

ここでガラスに着目したのは
建物内部の温度が外気の影響を
受けにくくするには断熱をするのが
一番いいのですが
ガラス窓部分は断熱材を入れられないので
約50%がここから外気の影響を受けて
冬は熱を奪い
夏はエアコンの冷気が逃げていく
という実験結果が出ております

普通のガラスでエアコンを
かけているのは

クーラーボックスのふたを
開けっぱなしにしていると
中の氷がどんどん融けている

のとおんなじことが起こっています

だから、ふたを閉める!

のです

すなわち
一番暖かさを奪うガラス部分を
断熱すれば外気の影響を受けにくくなる
ということです


ガラスの断熱方法は
ガラスを2重にして中間の空気層を
造ることにより外気の影響を受けにくくなります

それが、複層ガラスや2重窓サッシ
という方法です

複層ガラスにも性能の上下があります
複層ガラスの間には普通の物は
乾燥空気が入っています

ガラスとガラスの隙間が前後12mmぐらいが
一番断熱効果がいいようです

広すぎたり狭すぎるのも効果が小さくなります

また金属質のフィルムを張った
low-E(ローイー)ガラスは
一段と断熱効果が高くなります

さらに、
内部の空気が空気の代わりに
アルゴンガス等のガスであったり
空気がないいわゆる真空の方が
より断熱効果が高いようです

断熱性能が高い順に

真空、ガス入り

low-Eガラス

普通複層ガラス

1枚ガラス2重サッシ

1枚ガラスサッシ

という風な順番です

真空、ガス入り複層ガラスは
1枚ガラスの約4倍の断熱性能です

それからもう一つの方法として
サッシごと交換するという
工事が可能なら

さらに断熱効果が高い
トリプルガラス(3枚ガラス入りサッシ)
もあります

サッシ交換すれば周りの
アルミの部分が樹脂製の物があり
さらに断熱効果が高まり
アルミ部分の結露も解消しますので
効果は絶大です

だから、可能ならばサッシ交換
という選択で、ガラスをいいものに
すればベストということになります

材料の断熱性能は1㎡あたりの
熱のとおりにくさで数値化され比較されます

ということは、
大きなガラスの窓があったり
たくさん窓がある
というお部屋はガラスの面積が大きい

ガラスの面積が大きければ大きいほど
今まで外気温度の影響を受けて
室内の温度を下げたり上げたり
してるということになります

したがって、
ガラスの面積が大きければ大きいほど
ガラス交換の効果が大きい
ということになります

実際、お住まいのサッシを
リフォームで全部変えた
お客様に聞きますと
冬すごい暖かくなった
という感想をいただいています

したがって、
私は、1部屋まるごと全改装や
お住まい全体の改装の際は
必ずサッシ交換のご提案を
させてもらっております

ご予算と相談しながら
一度検討する価値は
大きいと思います

お問い合わせ・ご相談は株式会社SAMへ
無料相談、お見積もりお問合せはこちらから
資料請求
リフォーム会社 株式会社SAM 7つの特徴

公式Line登録はこちら